FC2ブログ

やさいすうぷ生活

we are what we eat 生きることは、食べること。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨高山の「ひだ千利庵」さん

岐阜県高山は、半年を雪の中で過ごす、自然環境の厳しい地域です。
そんな中で生活する人々の知恵が、保存食としてのお漬物でした。

akakabu.jpg高山で赤かぶ漬が作られるようになったのは、安土桃山時代にさかのぼるそうですが、現在でも各家庭で漬けられている「おふくろの味」です。

昭和25年創業の「ひだ千利庵」さんでは、昔ながらの杉樽仕込でお漬物や味噌を作っています。
秋に収穫した赤かぶを葉付きのまま3、4日干し、その後高山の地下水でひとつひとつ丁寧にもみ洗いします。
葉付きのまま漬け込むのは手間のかかる作業ですが、葉の持つミネラル分などが旨みとなり、まろやかでおいしいお漬物に仕上がります。

sugitaru1.jpg 葉付きかぶら漬け込み kabunagazuke.jpg

3ヶ月間樽の中で発酵させた赤かぶは、自然の力で乳酸発酵し、なんともいえない香りと旨みを生み出しています。日本のお漬物文化を誇る、高山の赤かぶ漬を、限定商品として現在ご案内しております。
シャクシャクとした歯ごたえと甘みがおいしい菊芋の味噌漬けと香り高い山ごぼうの味噌漬けをセットにしました。
どうぞ、高山の自然の恵みと人々の知恵と伝統がはぐくんだおいしさをお楽しみ下さい。

tsukemonoset.jpg「ひだ千利庵」さんのお漬物セット
 1,680円(税込み・送料別途)
●葉付き赤かぶら長漬(塩漬け)170g×2袋
●菊芋みそ漬120g×1袋
●山ごぼう味噌漬80g×1袋
(賞味期限 3ヶ月)

お買い物は博多玄海web shopよりどうぞ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yasaisoup.blog64.fc2.com/tb.php/106-65280e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。